これからのセカンドオピニオン

今後のことを考えたうえでこれからのセカンドオピニオンというのはどういったものが向いているのでしょうか?そもそもセカンドオピニオンとはどういった理由から生まれてきたものなのでしょうか?まず、患者側からの見方としてみていくと、セカンドオピニオンとは患者の「より安心な医療を受けたい」といったニーズから生まれたものでした。このニーズというのは、これからのセカンドオピニオンを考える上で重要な項目の一つです。このニーズというのは何かというと「生命に関わる、治療方針という自身の選択を医師一人に任せる」という不安から来たものでした。もしくは、「治療方針について他の医師から意見を聞くことによって、納得して治療する」ためのものです。この「判断材料」と「納得」というのがこれからのセカンドオピニオンを考えるうえで大事な項目の一つです。では、今までは患者側からの話をしていきました。では、これを別の視点から考えてみて、医師側からの面で考えるとどういう理由でセカンドオピニオンというのは生まれたのでしょうか?これは医師側の面から見ますと、「ストレスの緩和」や「プレッシャーの緩和」の要請から生まれたものでした。この要請もこれからのセカンドオピニオンについて考えるうえで重要な項目の一つです。今までセカンドオピニオンが普及する前のことになりますが医師は医師のチームを代表して「自分一人」で治療方針について分析して、「自分一人」で判断してと、治療自体が成功するか失敗するかについて、医師一人に委ねられているという仕組みをとったものだったのでした。この仕組みもこれからのセカンドオピニオンを考えるうえで重要な項目の一つです。この仕組みによって、医師はそれぞれの治療や手術によって相当なプレッシャーを負っていたものになっていたのでした。これからのセカンドオピニオンを考えた時に、この医師側の要請から生まれた、「ストレスの緩和」についてもある程度考慮したもので進めていく必要があると言えそうです。