セカンドオピニオンとは?

自分にとって、セカンドオピニオンとは?と考えていみると、自分はセカンドオピニオンに対して非常に好意的にというかむしろ、非常に感謝しているとい思っているのです。実際、自分はセカンドオピニオンに対して、本当にして良かったと思っているところがあって、今後そういった医療の中で手術をされるとかそういったことが多い人には是非やってもらいたいものの一つであるのです。自分にとって、セカンドオピニオンとは?と考えてみるとやはり是が非でもオススメしたいものであるのです。私は、実際肺がんの疑いで(肺のところに影があるというもの)肺を切除しなければいけないという診断を受けていたのでした。ただ、実際のセカンドオピニオンを受けてみて、その影は肺がんではなくて、結核が良くなっているところだったので、結局、肺を切除しなくて良くなったという実体験があったのでした。そういった意味で、セカンドオピニオンとは?と考えると、命の恩人というと非常に言い過ぎではありますが、非常に他のお医者の意見も聞いて良かったなと思っているのです。その点を踏まえて考えたことが非常に良かったなと思っているところなのです。なので、セカンドオピニオンとは?と自分が今回診察をしてみて思ったのは、出来るだけセカンドオピニオンはやってほしいと思っているところであるのです。後悔しない医療としてのオススメの治療方針であると私は思っているのです。では、このセカンドオピニオンに対して、実際にこれから治療や手術など治療方針を決めようと思っている人はどのようにセカンドオピニオンを利用すれば良いのでしょうか?セカンドオピニオンとは?と自分でこの有効な利用法について問いかけてみた経験からお話したいと思います。このセカンドオピニオンというのは、現在医者にとって当たり前のサービスとなっていて、医者側から見ても利用して欲しいサービスとなっているようなのです。セカンドオピニオンとは?と考えると、それほど今は当たり前のサービスになっているのでした。