役立つセカンドオピニオン

自分にとって役立つセカンドオピニオンというのは、聞いて良かったと思えるものなのです。なので、聞いて良かったと思えるものだったら良いのでこれは必ずしも「セカンドオピニオンを聞いて」その治療方針に従おうと思わなくても良いと思っているのです。そのセカンドオピニオンをした医師の治療方法を受け入れなくても良いと思っているのです。どういうことが役立つセカンドオピニオンであるのか、実例を用いながらお話したいと思います。例えば、女性の患者で乳がんになられた患者がいます。まず最初の病院で医者から言われた治療方法として「乳房を切除する方法」を案内を受けました。その治療方法に納得がいかなかったので、セカンドオピニオンを受けました。それで、他の医師を紹介されてセカンドオピニオンを受けて、非常に役立つセカンドオピニオンを受けました。治療方法としては、全く同じ方法を提示されたのですが、患者は非常にセカンドオピニオンを受けて良かったといいます。どういうことか?それは、セカンドオピニオンを受けたことによって、最初に受けた医師の治療方法に対しての納得感が変わったということなのです。その点が非常に役立つセカンドオピニオンと言えたのでした。実際に他の医師より最初の医師の治療方法を説明してもらい、解説してもらうことによって、最初の治療方法に対して納得度が深まったと言われています。結果的に、最初の病院で最初に案内を受けたとおり、治療、手術をしていったということなのですが、役立つセカンドオピニオンとは必ずしもその医師の治療方法を採用するということではないという一例なのではないでしょうか。その点を踏まえて考えてどのようにセカンドオピニオンを利用するかというのおを考えても良いと思います。最初の治療方法を違った医師より説明してもらいたいとか、違った治療方法を教えて欲しいなど自分にとって役立つセカンドオピニオンを探してみるのも良いのかもしれません。